浅草散策

0

    和菓子科には、和菓子文化という授業が通年であります。

    その最後の授業は学校から飛び出し、浅草散策に出かけます。

     

    午前中は合羽橋の市場調査(道具店と包材店)、

    午後から青木先生に浅草を案内して頂きました。

     

    集合は雷門前。

    ぽかぽか陽気で正に散策日和。

    ※学生諸君の日頃の行いかなぁ?

     

    若干一名、迷子になっていますが散策スタートです。

    CIMG7984.JPG

    まずは青木先生から、日程の説明。

     

    吾妻橋を渡り最初の目的地、桜餅の山本さんに向かいます。

    CIMG7987.JPG

    アサヒビールの本社ビルとスカイツリーのコラボが見えた辺りで、

    迷子の学生が合流。

     

    隅田川沿いを、向島方面に歩を進めていきます。

    CIMG7991.JPG

     

    途中、三囲神社(みめぐり)に参拝。

    CIMG7997.JPG

     

    こちらの神社は三越と深い関係が有り…

    CIMG7995.JPG

    ライオン像がお出迎え。

    ※池袋三越デパートから移設されたそうです。

     

    お参りが済んだら、学生お待ちかねの甘味Time。

    桜餅かお団子、二組に分かれて頂きます。

    CIMG8000.JPG

     

    桜餅発祥のお店です。

    葉っぱは3枚。

    CIMG7999.JPG

    色は…白。

     

    もう一組は言問団子さんへ。

    CIMG8002.JPG

    カメラマンが桜餅チームに居たので、外観だけ…

    美味しかったです。

     

    心が満たされた処で、浅草駅方面に戻ります。

     

    途中パン屋さんに寄って、思い思いのあんパンを購入。

     

    みんながキンツバを購入している間に…

    和菓子科の御意見番、浅野ねぇさんから学生にお裾分け。

     

    まずは委員長、寺山さん。

    CIMG8008.JPG

     

    続いて眛蕕気鵝

    CIMG8010.JPG

     

    最後は中島くん。

    CIMG8011.JPG

    以上、浅野ねぇさんの日常でした。

     

    お土産も購入して、仲見世通りに戻って来ました。

    CIMG8013.JPG

    平日でなのに外国人観光客の方が、たくさんいらっしゃいました。

     

    揚げ饅頭や人形焼きの説明を聞きながら、ゴール地点の雷門へ。

    青木先生に御挨拶をした後、急遽集合写真を撮る事に。

    CIMG8014.JPG

    例年に無く、穏やかな天気の浅草散策でした。

    青木先生、一年間ありがとうございました。

     

    この後、私は青木先生の追講義、電気ブランを受講しました。

    今回は、ここまで。

     

    今日の一枚。

    CIMG8003.JPG

    隅田川沿いから見た634。

    (撮影…浅野ねぇさん)

     

    皆さま2018年も、宜しくお付き合い下さいませ。

     


    職員の日常 年末偏

    0

      前回のブログで、年末の御挨拶をさせていただいたのに…

      書いちゃいました。

      もう一回だけお付き合いお願いします。

       

      いわ散歩、恒例の職員の日常。

      学生も冬休みに入り、寂しくなった学校ですが…

      職員の仕事は、もう少し続きます。

       

      23日(土)のクリスマス体験に向けて、準備の真っ最中。

      玄関前ではヘクセンハウスがお出迎え。

      CIMG0475.JPG

      毎年ヘクセンハウスを見ると、あ〜クリスマスだなぁ と。

       

      それでは早速、教室を覗いてみましょう。

      第7実習室では堀口先生指揮の元、体験の準備が進んでます。

      CIMG0471.JPG

       

      生地を仕込んでいるのは野口先生と狩野先生。

      CIMG0470.JPG

      狩野先生の冷静な眼差しが、少し気になりますが…

      移動します。

       

      事務所に居たのは近藤先生と上野先生。

      CIMG0476.JPG

      年末の書類整理に大忙し。

      ん 近藤さん笑ってますねぇ。

      まさか、またヤラセ写真?

       

      次は第1実習室に行きましょう。

       

      あれ?

      移動中に仲良しトリオ発見。

      CIMG0466.JPG

      好感度ランキング13位くらいの長澤先生が近づいて来ました。

      もしや自分より好感度の高い二人と写って、

      ランクアップを図っているのでは…

      ※実はクリスマス体験用デザートの、仕込みに向かう途中でした。

       

      第1実習室では、パン科の先生が仲良く包装中。

      こちらは自然な感じ。

      CIMG0478.JPG

      自然が一番。

      体験で振舞われるシュトーレン。

      シュトーレン美味しいですよねぇ。

       

      次は和菓子の先生を探しに行きましょう。

      材料庫に電気が点いてます。

      入ってみましょう。

       

      こちらでは体験のイチゴを選別しています。

      CIMG0477.JPG

      今年のイチゴは高いから、つまみ食いは禁止だよ と

      尾崎先生が言ったとか言わないとか…

       

      それにしても和菓子の先生が働いている姿が…

      階段を上がって第9実習室に向かいましょう。

       

      再登場、浅野先生と菊島先生。

      CIMG0472.JPG

      多分こんなやりとりが。

      菊「さっきの写真、大丈夫ですかねぇ?」

      浅「何が?」

      菊「私たちの好感度、下がりませんか?」

      浅「あれ位、大丈夫、大丈夫!」

      多分ですよ、多分。

       

      やっと第9実習室に到着。

      CIMG0463.JPG

      岩崎先生と船田先生、忙しそうですねぇ。

       

      実は…

      CIMG0461.JPG

      製菓製パンの取材中でした。

      ちょうど福本先生が、普段見せない笑顔で撮影中。

       

      今回「コーヒーを使用した和菓子」というテーマで、

      和菓子科の職員が9製品担当しました。

      来年掲載されますので、お楽しみに。

       

      まだまだ続きますよ。

      第11実習室へ行きましょう。

      阿部先生と山田先生。

      仲良しコンビが何か仕込んでますよ。

      CIMG0473.JPG

      岩「阿部せんせ〜い何してるんですか?」

      阿「体験用のデザートです。」

      阿部先生らしいクールな返答。

      今日は構ってくれないみたいです。

       

      隣では…

      CIMG0474.JPG

      カメラ目線で構って欲しい酒井先生。

      好対照な二人。

      こちらもデザートの準備です。

       

      ※クリスマス体験は昼食の代わりに、デザートが沢山でます。

       体験にいらして頂いた皆様に喜んで頂けるよう、

       職員一同気持ちを込めて作りますので、楽しみにして下さい。

       

       

      今回の「いわ散歩」はここまで。

       

      今日の1枚。

      CIMG0464.JPG

      和菓子科のボス、小野先生も荷物の梱包に大忙し。

       

      年末なので更に1枚。

      好感度癸渦蝋臉萓犬ら一言。

      CIMG0467.JPG

      先輩二人の写真を前に…

      河「来年は僕たちの時代、僕に任せろ〜」

      頼もしい宣言が出た処で…おしまい。

      ※カラオケのリモコンには気を付けてね!

      お後がよろしいようで。


      創作菓子 後編

      0

        前編は平鍋菓子と練り菓子の8製品を紹介しました。

        如何でしたでしょうか?

        後編は蒸し饅頭と枠蒸し菓子、各4品です。

        製法が変わると表現も変化します。

        その辺も踏まえてご覧下さい。

         

        9班 蒸し饅頭「トナカイのルドルフ」

        製作者…眛蘢里・盒矯賛

        CIMG7659.JPG

        黒糖饅頭でトナカイを表しました。

        羊羹で描いたルドルフの表情が愛らしいですよね。

        味が想像出来てしまう処は…

        量産可能な点はgoodです。

         

        10班 蒸し饅頭「赤鼻と星」

        製作者…岩美祐・江間田琴美

        CIMG7656.JPG

        黒糖饅頭でトナカイを、小麦饅頭で星(ツリー)を表しました。

        小麦饅頭には緑色羊羹をテンプラして仕上げます。

        二つで一つの製品。

        和紙の形等、プロデュース力癸韻任垢諭

         

        11班 枠蒸し菓子「ほわいと くりすます」

        製作者…渡辺優花・中島広人

        CIMG7686.JPG

        Theクリスマスな一品。

        チョコ羊羹と浮島を流し合わせた、食い口菓子です。

        ツリーに形取り栗の星を添えて仕上げます。

        なんと言っても、中島君のプレゼンが最高でした。

         

        12班 蒸し饅頭「きんぴら入り トナカイまんじゅう」

        製作者…片山菜摘・勝又啓太

        CIMG7653.JPG

        醤油味の生地に、刻んだキンピラ牛蒡を入れた一品。

        キンピラと聞いて、最初はムムと…

        試食して、やっぱりムムでは無く 美味でした。

        味は癸韻任垢諭

        皆さん売れますよ!

         

        13班 枠蒸し菓子「聖夜」

        製作者…大越みわ・大平あすか

        CIMG7695.JPG

        見た目は まんま洋菓子、中身はバリバリの和菓子。

        ドライ苺入り浮島で、りんごの甘露煮をサンドし

        羊羹をコーティングした作品です。

        良い意味で見た目とのギャップが有る、和風ケーキに仕上がっています。

         

        14班 枠蒸し菓子「夢みる夜」

        製作者…塩野朝葵・謝佳真

        CIMG7685.JPG

        なんと言っても、見た目が可愛いです。

        さつま芋餡を薯蕷生地で巻いた、和風ロールケーキ。

        包丁面は切り株を、表面には雪だるまを配置。

        とても華やかな一品です。

         

        15班 枠蒸し菓子「ほわほわ さんた」

        製作者…辻菜奈・寺山夏未

        CIMG7664.JPG

        どーん!

        インパクトとデザイン力は1です。

        浮島にキントン餡と淡雪羹を流し合わせました。

        味はさておき…近くで見るとサンタの表情が素晴らしい。

        良く考えました。

         

        16班 蒸し饅頭「あわてんぼうのサンタクロース」

        製作者…筆塚凌・八木原彩乃

        CIMG7650.JPG

        半薯蕷饅頭に、色とりどりの白双糖を加え蒸し上げました。

        焼き目で袋を、白双糖でプレゼントを表現してます。

        クリスマス前夜の、サンタさんの忙しさが目に浮かぶ一品です。

        お菓子から色々想像できるのは、素晴らしいですよね。

         

         

        以上16作品をご紹介いたしました。

        この中から優秀作品3品を選び、年明けに表彰します。

        皆さんのお気に入りは何班の作品でしたか?

         

        学生諸君、本当にお疲れ様でした。

         

        親バカと思われますが…

        全ての作品が良く出来ていたと思います。

         

        これで2017年の授業は終了です。

        今年の冬休みは皆さんにとって、最後の正月になると思います。

        (ゆっくり出来るのは)

        ケガをしない程度に、思いっきり遊んで下さい。

        体調を崩していた学生は、しっかり整えて元気に登校して下さいね。

         

        残り少ない学生生活が、有意義になる事を願います。

         

        今回はここまで、今年もここまで。

        平成30年も、どうぞ宜しくお願い致します。

        少し早いですが、皆さん良いお年をお迎えください。

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        創作菓子

        0

          12月15日(金)今年最後の授業は…

          年末恒例の創作菓子授業。

           

          二人班で25個製作します。

           

          今年もテーマは「クリスマス」。

          最近では和菓子屋さんでも、クリスマスのお菓子を目にしますよねぇ。

           

          配合、形、プレゼン、プロデュースは全て学生が行います。

          まずはレポート用紙が配られ班決め。

           

          お菓子も、好きな物が作れる訳ではありません。

          蒸し饅頭、枠蒸し菓子、平鍋菓子、練り菓子の4種と決められています。

           

          和菓子科は32名ですから…16班。

          1種類を各4チームが製作する事になります。

           

          一週間後にレポート提出。

          先生のチェックを受けます。

          ※製作可能か、材料は何を使うのか等。

           

          形にこだわる班もあれば、味にこだわる班も…

          いかにもクリスマス(写実的)があれば、抽象的なデザインも。

           

          二人で力を合わせて一日掛かりで製作します。

          ※これが重要。

          14時からは各班のプレゼンを行います。

           

          さぁ〜どんな作品が出来たのか…楽しみですね。

           

          1班 平鍋菓子「ユール」

          製作者…盒桐紗・田口朱子

          CIMG7679.JPG

          蓬入り桜餅の生地で粒餡を包みました。

          味は鉄板、錦玉の飾りも可愛いですね。

          食べやすさもgoodです。

           

          2班 平鍋菓子「クリスマスプレゼント」

          製作者…鳴島葉月・平栗千寛

          CIMG7682.JPG

          焼き皮桜餅の生地で、ドライ苺餡を包みました。

          暖炉に照らされて橙と言う表現…好きです。

          紆余曲折の甲斐があった かな?

           

          3班 平鍋菓子「聖夜」

          製作者…山岸美月・脇友絵

          CIMG7696.JPG

          抹茶入り唐饅頭の中に、白中割り餡を忍ばせます。

          仕上げはホワイトチョコと抹茶。

          いかにも和菓子らしい表現が良いですね。

          奥ゆかしい方が作っているのかもしれません。

           

          4班 平鍋菓子「赤鼻のトナカイ」

          製作者…坂尻夏海・佐藤敢信

          CIMG7667.JPG

          ココア入りの生どらです。

          チョコ餡とドライ苺のバランスが絶妙です。

          完成度の高い1品、店頭に並んでても不思議じゃ無いですね。

           

          5班 練り菓子「和風 栗スマスツリー モンブラン」

          製作者…金ドハン・黄吉廷

          ※留学生の皆さん、ごめんなさいね。

          私のパソコン、漢字が出ないのでカタカナを併用しています。

          CIMG7676.JPG

          チョコ練切の上に牛皮入り栗餡、抹茶練切をツリー状に絞りました。

          栗の蜜漬けを添えて、見事な和風ツリーの完成。

          菓名といい仕上げといい、手が込んでいます。

          1個280円の価値あり ですね。

           

          6班 練り菓子「願」

          製作者…チェン ウェイティン・張亜紀

          CIMG7689.JPG

          チョコレート餡を薯蕷練切で包み、リースを形取りました。

          味も色も対比している、まさに和洋折衷菓子。

          ホワイトクリスマスに浮かび上がるリース…

          情景が浮かびます。

           

          7班 練り菓子「もみの木」

          製作者…小林咲穂・小林春奈

          CIMG7670.JPG

          粒餡を蓬入り練切で包み、更に白練切で包みました。

          菊ハサミで切り出し、金箔を添えて仕上げます。

          製作中は見ていて?と言う感じでしたが…

          純和風で見事な、もみの木が出来上がりましたね。

           

          8班 練り菓子「縁の下の力餅」

          製作者…鈴木哲史・高木彩

          CIMG7673.JPG

          チョコの毛皮を纏った牛皮の中には、

          クランベリー入りの黄味餡が隠れています。

          チョコと大福、更に黄味餡との相性は意外なほどgoodでした。

          菓名は座布団1枚、ちょっとベタついたのが残念。

           

          半分ご紹介しましたが…

          皆さん疲れたでしょうから後編に続きます。

          お楽しみに。

           

          今日の1枚

          「気守り」

          CIMG0459.JPG

          正門横にある桜の木も残す葉は1枚。

          寒い冬を越して、来春また満開の姿を見せて下さい。

           


          バス旅行(後編)

          0

            昆虫の王様といえば…カブトムシですよねぇ。

            相撲に例えるなら横綱。

             

            そんな横綱が迎えてくれた、

            ほうとう体験の続きからです。

             

            お出迎えと言えば、若い従業員さん3人も出勤して来ましたよ。

            何をしているんでしょうかねぇ…何かヤラセの匂いが。

            CIMG0583.JPG

             

            体験に戻って。

            頑張っているのは勝又くん。

            応援(?)しているのは岩さん。

            CIMG0487.JPG

            仲良くやってます。

             

            あれ?

            勝又くんの目線が険しくなりました。

            目線の先は佐藤くん。

            ポーズが気に入らなかったのでしょうか…

            仲良くやって下さい。

            CIMG0490.JPG

             

            まとめの次は野菜を切ります。

            浅野先生監修のもと、小林さんが牛蒡のササガキをしていますね。

            CIMG0511.JPG

             

            休ませた生地を延ばして行きます。

            この作業は得意ですよね?

            CIMG0514.JPG

            ガチ体験に、みんなも真剣です。

            全員がベニーさんの周りに集まりました。

             

            八木原さんが延ばします。

            生地が硬いので、辻さんと黄くんが台を抑えてサポート。

            CIMG0546.JPG

             

            延ばした生地を8佗に包丁して、野菜と一緒に煮て行きます。

            こんな大きい釜で。

            CIMG0575.JPG

            完成まで、しばし休憩。

             

            待つ事20分、ほうとうの完成で〜〜す。

            寺山委員長の挨拶で「いただきます」

            CIMG0584.JPG

             

            お待ちかね、さぁ〜召し上がれ。

            CIMG0585.JPG

             

            頑張った分、美味しいですよねぇ。

            CIMG0586.JPG

             

            身体の芯から温まります。

            CIMG0587.JPG

             

            熱いから火傷しない様に。

            CIMG0588.JPG

             

            おかわりも沢山ありますからね。

            CIMG0589.JPG

             

            みんな大満足、お腹一杯です。

            ご馳走様でした。

            最後は食器の片づけ迄、全てを自分で行う貴重な体験でした。

            ベニー&おむし先生、ありがとうございました。

             

             

             

            バスガイドさんお勧めのスポットで集合写真。

            CIMG0451.JPG

             

            楽しいバス旅行も後少し。

            ワイン醸造所に向かいます。

            お伺いしたのは白百合醸造所さんです。

            CIMG0605.JPG

             

            社長の内田さんに案内して頂きます。

            CIMG0592.JPG

            ワインの説明を、解り易く説明していただきました。

             

            ワインは簡単に出来る。

            ワインの名前は地名。

            水を使わないアルコール飲料はワインだけ。

            等、当たり前なんだけど、へぇ〜と感心しきりです。

            CIMG0596.JPG

            少しだけ(時期的に)残っていたブドウも美味しかったです。

             

            最後はワインの試飲。

            未成年はブドウジュースですよ。

            CIMG0599.JPG

             

            干し柿があったり、素敵なワイン醸造所でした。

            内田社長、ありがとうございました。

            CIMG0604.JPG

             

            さて、お時間になりました。

            皆さんバスに乗って下さい、東京に帰りますよ。

             

            早いもので、学生生活も残り2ヵ月ほどになりました。

            学生達には良い息抜きになったと思います。

             

            帰路も何の問題も無く、無事に新宿に到着。

            楽しい1日も終了致しました。

             

            これも日頃からの皆さんの行いが良かったからかな?

            和菓子科バス旅行 おしまい。

             

             

            今日の1枚。

            千秋楽の大一番。

            大横綱に平幕が挑んでみました。

            CIMG0581.JPG

            お後がよろしいようで。

             


            バス旅行

            0

              ……………………………………………………… 

                 《和菓子科 社会教育 バス旅行》

                 

              【日 時】  12月1日(金)

                     8時集合 出席確認 時間厳守

                   

              【集合場所】 新宿工学院大学前

               

              【旅行先】  山梨県 

               

              【内 容】  桔梗屋さん包装体験及び

                     ワイン醸造所見学。

                     昼食は、ほうとう打ち体験。

               

              【注意事項】 

                ・8時10分出発のため時間厳守。

                ・雨天決行。

                ・動きやすい服装で来る事。

              ………………………………………………………

               

              本校は学生への連絡は基本掲示になります。

              卒業生の皆さん、懐かしくないですか?

               

              今回は和菓子科バス旅行のお話です。

               

              上記掲示にも書いてありますが、

              山梨県甲府市に行って参りました。

               

              年に1回の貴重なクラス親睦の時間…

              皆さん満喫して下さいね。

               

              前日の雨も止み、少し寒いですが絶好の旅行日和。

              普段時間ギリギリな学生(少数)も今日は早めの集合。

               

              8時05分に全員集合〜と思いきや、若干1名欠席連絡。

              前日にはしゃぎ過ぎて熱が(知恵熱?)出てしまいました。

              残念…

               

              気を取り直して出発。

              金曜日なので渋滞の心配もありましたが、

              首都高速から中央道と順調に進んで行きます。

               

              途中、談合坂でトイレ休憩。

              最初の目的地、桔梗屋さんに到着です。

               

              桔梗屋さんと言えば信玄餅。

              体験の前に工場見学。

              大きな釜3台で練った餅を番重に流します。

              ビックリする位の番重が積んでありました。

               

              包装は隣の部屋(ホール?)で。

              全て手包みだそうです。

              CIMG0434.JPG

              速い人は、1個5秒で包むらしいですよ。

               

              場所を移して学生達も包装に挑戦。

              CIMG0437.JPG

              流石に5秒じゃぁ無理です。

               

              大平さんと平栗さん、上手に出来たみたいですね。

              CIMG0440.JPG

               

              脇さんと、なつみ三人衆…通路でパシャリ。

              4年連続で桃子さんを担任した事はありますが、

              同じクラスに3名の同名は初めてです。

              CIMG0441.JPG

               

              終了後は、併設店舗やアウトレットでお買い物。

              岩崎先生を囲んで。

              CIMG0442.JPG

               

              こちらは観光地の定番。

              塩野さんとチェンさんに挟まれて、満面の笑顔は江間田さん。

              CIMG0443.JPG

               

              こちらは小林春奈さんに盒矯賛イ気鵝高木さんと田口さん。

              楽しそうで何よりです。

              CIMG0444.JPG

               

              そろそろお腹も空いて来る時間。

              甲斐の国大和自然学校に向かいます。

              色付いた山々を望みながら…

              CIMG0580.JPG

               

              到着しました。

              CIMG0576.JPG

               

              周りは、こんな感じ。

              CIMG0577.JPG

               

              そして意外な方(?)のお出迎え。

              CIMG0578.JPG

              何故か巨大なカブトムシが…

               

              その疑問は解け無いまま、ほうとうを打ちます。

              CIMG0454.JPG

              一見真面目な講師の先生二人。

              しかし自己紹介でビックリ。

               

              名前を「ベニー」さんと「おむし」さんと言います。

              学生達(自分も)が引いて行くのが分かります。

               

              しかし、おふざけ(?)は名前だけで、内容はガチ。

              ※ふざけてませんよ、

              ニックネームで呼ぶことで、親しみ易くしてくれてるんです。

               

              ほうとう打ち、舐めてました。

               

              まず、まとめが難しい…

              CIMG0462.JPG

              ポーズ取ってたら、まとまら無くなるよ〜

              ま〜自分達で消費するから良いか、楽しそうだし。

               

              こちらは手を休めずにパシャ。

              CIMG0464.JPG

               

              頑張る山岸さんを他所に、寺山さんと謝さん。

              旅行好きの謝さんは1ヵ月前に、個人でツアーに参加しました。

              内容は、なんと今回と同じ…

              私「何で同じ所に行くの?」謝さん「だって知らなかったから」

              私「掲示したでしょう?」謝さん「申し込んだ後だったから…」

              掲示が遅くてスミマセン。

              CIMG0475.JPG

               

              作業そっちのけで皆さんが撮っているのは…

              CIMG0481.JPG

              さて何でしょう?

               

              長くなりましたので、今回はここまで。

              ほうとう作りは次回に続きます。

               

              今日の1枚。

              みんなが撮ってたのは…

               

               

              浅野先生。

              CIMG0478.JPG

              浅野先生の、学校では見せない笑顔でお別れです。

               

              おしまい。

               

               


              もうすぐ師走

              0

                いきなりですが、何を表したお菓子か解りますか?

                 

                干支 戌.JPG

                 

                可愛くないですか?

                ヒント…来年の干支。

                 

                和菓子は抽象的な表現や、物の一部を切り取って描写したりします。

                それはお客様に味やデザインだけで無く、

                お菓子の物語も楽しんで頂く為だと思っています。

                 

                和菓子には菓名があります。

                菓名だけでは解らなくても、デザインと合わさると…

                あ〜成程と思って頂ける和菓子、素敵じゃないですか?

                 

                こちらの和菓子、菓名を「干支…戌」と言います。

                さぁ〜戌の何を表現しているのでしょうか。

                 

                もうお解りですよね。

                肉球です。

                またまた前置きが長くなりましたが、

                皆さん和菓子はこんな楽しみ方もある事を覚えておいて下さい。

                 

                そんな素敵な和菓子を教えて頂いたのは…皆川先生です。

                中目黒で盛業されている「雅庵」代表であり、

                東和会の副会長も務められています。

                 

                先生、どうぞよろしくお願いいたします。

                CIMG0286.JPG

                まずは餡練り、和菓子の基本であり最も重要な仕事の1つです。

                講師の先生によって、餡の練り方が違うんですねぇ。

                それも学生にとっては勉強になるんです。

                色々な方から教えて頂けるのが学生の特権。

                 

                平鍋に乗っているのは「きぬにしき」

                包んだお饅頭の上下だけ焼きます。

                CIMG0288.JPG

                脇は余熱で焼きますので、火加減と押し加減が難しい和菓子。

                 

                先生は手早く焼いて行きます。

                CIMG0289.JPG

                 

                完成品がこちら。

                きぬにしき.JPG

                平鍋で焼いた香ばしさと、粒餡の相性がバツグンなんです。

                 

                そしてもう一品。

                柚子ちーず饅頭。

                柚子チーズ饅頭.JPG

                こちらは柚子餡の中にチーズを忍ばせてあります。

                 

                王道の和菓子から、和洋折衷、創作菓子まで…

                皆川先生、本当にありがとうございました。

                 

                今回は、ここまで。

                 

                 

                あっ…言い忘れた事が1つ。

                干支の中餡はチョコ餡で、生地にも耐熱チョコが入ってます。

                犬種…ダルメシアン。

                 

                皆さんもう一度、干支の写真を確認したでしょう?

                 

                おしまい。


                ディスプレイ

                0

                  前回のブログから…大変ご無沙汰しております。

                  季節は秋を通り越して冬。

                  皆さま体調を崩されてませんか?

                   

                  学園祭も無事に終了しまして、

                  今年の授業も残すところ後1ヵ月を切りました。

                   

                  今回は、これからの季節にぴったりの内容。

                  2回目のディスプレイ授業です。

                   

                  まずは7班に分かれてテーマを決めます。

                  今回のテーマは「クリスマス」「正月」「節分」「バレンタイン」の

                  4つ。

                   

                  学生達が選ばなかったテーマは先生にお願いします。

                   

                  班で相談してデザインと菓子を決めます。

                  そのデザインを元に、私が先生と打ち合わせ。

                  後日、学生に変更点を伝えます。

                   

                  ディスプレイ授業の前日には上生を製作。

                  ※長期間展示が出来るように、ねき練切(水飴が多い)を使用します。

                  各班、思い思いのデザインを具現化していきます が

                  これが大変、上手く行きません。

                  普段は先人達から受け継がれたデザインを真似て作っています。

                  それだけでも難しいのに、ましてやデザインからとなると…

                  容易に想像がつきますよねぇ。

                   

                  さて、色々な下準備を経て当日を迎えます。

                   

                  前書きが長くなりましたが(久々なので)講師の先生をご紹介します。

                   

                  伊藤プランニング、伊藤庸子先生です。

                  授業は、先生のデモンストレーションから。

                  CIMG0240.JPG

                  和風のリースを作って頂きました。

                  和菓子科ゆえの、先生のお心遣いに感謝致します。

                   

                  こちらの班はレンガ調の紙で何か作っています。

                  クリスマス感が漂っていますね。

                  CIMG0242.JPG

                   

                  赤い箱を組んでいるマスクの二人…何を作っているのでしょうか?

                  写真中央下に大ヒントが。

                  CIMG0243.JPG

                   

                  お次は切り絵ですかね。

                  和菓子でも渋紙を切ります。

                  こんな処にも和菓子の技術が活かされてますね。

                  CIMG0244.JPG

                   

                  中央に写っているのが伊藤先生。

                  余りお写真が好きではないので、後ろ姿のみ。

                  CIMG0245.JPG

                   

                  そろそろ完成でしょうか。

                  間違い無く正月ですね。

                  CIMG0246.JPG

                  ディスプレイは遊び(面白さ)も大切ですが、

                  解り易さも重要なのかな と 思います。

                   

                  それでは学生達の力作をご覧下さい。

                   

                  テーマ「クリスマス…サンタさんたちの家」

                  CIMG0275.JPG

                   

                  テーマ「クリスマス…サンタさんのお家」

                  CIMG0276.JPG

                   

                  テーマ「正月…謹賀新年」

                  CIMG0277.JPG

                   

                  テーマ「正月…お正月の居間」

                  CIMG0278.JPG

                   

                  テーマ「節分…豆まき」

                  CIMG0279.JPG

                   

                  テーマ「節分…鬼は外福は内」

                  CIMG0280.JPG

                   

                  テーマ「バレンタイン…こっそり渡したい乙女心」

                  CIMG0281.JPG

                   

                  テーマ「バレンタイン…伊藤先生作品」

                  CIMG0282.JPG

                   

                  年明けまで4階に展示しています。

                  是非とも直にご覧いただければ幸いです。

                  間違い無く、写真よりも感動しますから。

                   

                   

                  今日の1枚。

                  伊藤先生のリース。

                  CIMG0259.JPG

                  学校の何処かに展示してあります。

                  来校の際は捜してみて下さい。

                   

                  このリースには、ある秘密がありますから…

                   

                  おしまい。


                  秋の足音

                  0

                    朝晩が、めっきり過ごし易くなった今日この頃…

                    如何お過ごしでしょうか?

                     

                    後期がスタートして、早くも三週間が過ぎようとしています。

                    今週は秋の彼岸で忙しい和菓子業界。

                     

                    そんな彼岸前、講師の先生にお越し頂きました。

                     

                    千葉県で「虎屋」を経営されている森山浩一先生です。

                    先生は本校25期の卒業生であり、

                    日本菓業振興会の役員も務められています。

                     

                    本日は、秋らしい3品を教えていただきました。

                     

                    CIMG0131.JPG

                    後期初の講師授業に、学生達も緊張気味かな?

                    緊張しても、話は聞き逃さないで下さいよ。

                     

                    1品目「栗ひろい」の軽羹を仕込みます。

                    CIMG0127.JPG

                    軽羹は山芋ベースのお菓子、山芋の扱いが難しい製品です。

                    擦り加減によって、浮きや食感が変化するんですね。

                     

                    刻んだ栗を生地に合わせます。

                    秋らしくなって来ましたねぇ。

                    出来上がりは後ほど。

                    CIMG0128.JPG

                     

                    2品目「芋きんとん」

                    CIMG0133.JPG

                    絞りも丁寧に教えていただきました。

                    小林さん、いつになく目が真剣ですね。

                    先生の芋きんとんは一味違います…

                    オーブンでじっくり焼いているので、

                    とても甘くホクホクしています。

                     

                    3品目「すすきの」は平鍋製品。

                    中餡も学生が、生豆から炊き上げます。

                    CIMG0136.JPG

                    岩さん流す方向が逆では?

                     

                    毎日見ていると、まだまだだなぁ と思いますが…

                    写真で見ると、成長したなぁ と思ったりします。

                    静止画だから ですかね?

                    CIMG0137.JPG

                     

                    それでは秋の足音を感じて下さい。

                     

                     

                    「栗ひろい」

                    軽羹生地とキントン餡を、流し合わせた食い口菓子。

                    CIMG0138.JPG

                     

                    「芋きんとん」

                    焼き芋を茶巾に絞り、バーナーで焼いて仕上げました。

                    CIMG0141.JPG

                     

                    「すすきの」

                    ふっくら炊き上げた粒餡を、中華生地で包みました。

                    CIMG0143.JPG

                     

                    どれも秋らしい製品ですね。

                    情景や季節を感じながら食べる和菓子…最高ですよね。

                     

                    そんな素敵なひと時を感じさせてくださった森山先生、

                    本当に ありがとうございました。

                     

                    如何でしたか?

                    皆さんに、秋の足音が聞こえたら幸いです。

                    おしまい。

                     

                     


                    新学期スタート

                    0

                      9月1日(金)より新学期がスタートしました。

                      2年生は学生生活最後の夏休み…

                      楽しめたでしょうか?

                       

                      初日はガイダンス。

                      全員元気に登校 と言う訳には行きませんでしたが、

                      元気な姿を見せてくれました。

                       

                      前期に比べて後期はイベントが盛りだくさん。

                      体育祭やジャパンケーキショウ見学、バス旅行に浅草散策。

                      そしてなんと言っても学園祭。

                       

                      毎年盛大に行われます。

                      就職が決まって無い学生は、並行して就活も。

                       

                      学園祭が終われば あっと言う間に年末、

                      年が明けたら期末試験に卒業制作。

                      そして卒業。

                       

                      あと半年、有意義に楽しい学生生活を送ってくれる事を、

                      願うばかりです。

                       

                       

                      今回は新学期が始まったばかりで、

                      写真がありませんので、懐かしい(個人的に)写真をご覧ください。

                       

                      皆さん何処だかわかりますか?

                      ヽい任后

                      今現在、地盤沈下が進んでいるイタリア北部の都市。

                      DSCF8176.JPG

                       

                      ∪禹海任后

                      上部の建物が有名な中立国。

                      DSCF8275.JPG

                       

                      8鼎し造物。

                      世界で一番小さい国(敷地面積)…多分。

                      DSCF8051.JPG

                       

                      い洒落な看板

                      ベートーベン生誕の地。

                      DSCF8680.JPG

                       

                      サ‐紊砲董

                      DSCF8907.JPG

                       

                      ガイダンスでは卒業旅行の案内があります。

                      今回の写真は、10年前に引率で欧研に行った時の物です。

                       

                      ,魯戰優船◆∨佑一度は行ってみたいと思っていた地の1つ。

                       因みにもう1つはスペイン、サグラダファミリアが見たい。

                       こちらは叶っていません。

                       

                      ▲好ぅ垢任后

                       ユングランヨッホ(たしか)の展望台スフィンクス。

                       その中には郵便局があったり、とても楽しい場所ですが…

                       高山病に注意。

                       

                      バチカン共和国。

                       教会内の至る処で、ミサが行われていた記憶が。

                       

                      ぅーストリアのザルツブルグです。

                       ケーブルカーの看板も可愛いですよね。

                       

                      ゥーストリアから、フランスに向かう機上からの1枚。

                       綺麗な雲に、何回もシャッターを切りました。

                       

                      最近は治安の問題で開催されてない欧州研修旅行。

                      今年も多くの学生が参加を希望しています。

                      このまま無事に開催される事を願います。

                       

                      今回は、自己満足の想いで回顧にお付き合い頂き、

                      ありがとうございます。

                       

                      今回の1枚

                      DSCF8689.JPG

                      ウィーンの排水溝。

                      豪快なので思わずパシャリ。

                       

                      治安、日程、お金、なかなか簡単には参加出来ませんが、

                      可能なら参加してみて下さい。

                      きっと、素晴らしい思い出になると思います。

                      体験者談。

                       

                      今回はこの辺りで…おしまい。

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM