実技講師

0

    端午の節句を前にして、学生達も新しいクラスに慣れて来ました。

    毎年この頃になると、講師の先生に授業をお願いしています。

    57期和菓子科、最初の実技講師は

    相模原市で盛業されている「和菓子司 杉山本店 濃 勝」先生。

    先生は、東和会の青年部部長も務められています。

    ポイント東京には東和会と菓業振興会、2つの技術団体が有ります。ポイント

     

    今回ご指導いただくのは3製品。

    実際に、販売している和菓子を教えていただきます。

     

    授業に対する先生の想いを聞いてから、実習スタートです。

    CIMG8885.JPG

    濃垣萓検風邪をひいている訳ではありません。

    衛生面を考慮してマスクを着けています。

    さすが、東和会一のジェントルマンと言われる所以ですね(自称)

     

    黄味餡練りも、細かく丁寧に教えていただきました。

    CIMG8883.JPG

     

    さぁ皆さん按配良く作って下さいね。

    CIMG8888.JPG

     

    レモン風味(焼き菓子)を包んでいるのは鈴木君。

    CIMG8892.JPG

    どうですか、ヘラ包みは上手く出来たでしょうか?

     

    職場ではヘラ包みは必須になります。

    皆さん練習あるのみですよ。

    CIMG8896.JPG

     

    3品目は角きんつば。

    CIMG8899.JPG

    濃垣萓犬録い口を良くする為に、軟らかく練り上げています。

    食べては美味しいですが、焼成が大変になります。

     

    美味しい和菓子は難しいんですねぇ。

     

    最後は練切のデモンストレーションです。

    惜しげも無く技術を教えていただきました。

    CIMG8902.JPG

    助手に長澤先生が付きます。

    長澤先生は、東和会の青年部副部長なんです。

    いつもお世話になっている、お礼ですかね。

     

    では、先生の製品をご覧下さい。

    黄味時雨

    黄味時雨.JPG

     

    レモン風味

    レモン風味.JPG

     

    角きんつば

    角きんつば.JPG

    3製品共、とても美味しかったです。

     

    そして練切12ヵ月。

    �叩山先生12か月2.JPG

    濃垣萓検学生思いの温かい授業

    ありがとうございました。

     

    学生諸君も先生のお菓子や話から、

    何かを感じた事でしょう。

    東和会に参加する時は、濃垣萓犬妨亀い憤Щ△鬚靴泙靴腓Α


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.05.13 Sunday
      • -
      • 14:09
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      関連する記事
      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>

      selected entries

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM